人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

炭俵作り

10月24日に男性お客様が5名お越し下さいました。椋川ではわら細工のなべしきを作られたそうです。
f0043292_14145667.jpg
完成した作品を見せていただきました。
こちらでは炭俵作りをしていただきました。みなさんやる気マンマンで真剣に作り方をきいておられました
f0043292_14273878.jpg
これが完成品です。
f0043292_14183010.jpg
まずは、炭を包むすだれのような物を作ります。これは、すすきの茎を使っています。
f0043292_1420222.jpg
すだれを作る器具です。
器具を使う準備からです。
f0043292_1421561.jpg
f0043292_14303916.jpg
みんな真剣でしょ。
f0043292_1431565.jpg
器具の準備が整いました。では、作り方の説明を聞いて、作り始めましょう。
f0043292_1435360.jpg
f0043292_1433402.jpg
作り始めると、みんな無言でもくもくと作業に集中されていました。
f0043292_14365470.jpg
これだけ作れれば、この作業は終わりです。出来上がった物を後は、はみ出した葉などを切り落としてきれいにします。
f0043292_14395028.jpg
次の行程は、すだれ状の物の形を整えて炭を詰めていきます。
f0043292_1446185.jpg
f0043292_14415322.jpg
f0043292_14514535.jpg

炭俵らしくなってきました。炭をすき間がないように詰めてふたを閉めます。
f0043292_14541920.jpg

f0043292_14575253.jpg
次は、形を整えるために使った、あて木を取り除き小枝を並べます。
f0043292_1509100.jpg
後はひもをかけて出来上がりです。
f0043292_1531433.jpg
f0043292_1523689.jpg

みんな完成しました。楽しかったと言っていただき、良かったです。炭には消臭効果や湿度を調整する働きがあるので、お部屋や靴箱に置いてくださいね。
f0043292_1573582.jpg

by kutsukiforest | 2010-10-24 15:09 | 森のお客さん情報

「那須塩原太陽生命の森林」視察研修してきました

くつきの森の一部を太陽生命保険㈱と森林保全協定を締結し
森の管理を応援していただいていますが、
同様の協定を結び森林管理をされている「那須塩原太陽生命の森林」があります。
那須塩原の西山国有林の一部、4.81haのカラマツ人工林がその舞台で
今回は、この森でどのような企業連携による森林管理作業が行われているか
視察研修をするため、麻生里山センターの5名が訪問してきました。
f0043292_225105.jpg
f0043292_2251285.jpg

15日(金)20時に朽木を出発し名神、中央道、長野道、信越道、関越道、東北道
を乗り継ぎなんと9時間半かけて無事塩原に到着。小休止の後、太陽生命の森へ。
この森は、熊笹がびっしりと生い茂るカラマツ林で、数年前まではシカの食害が
発生していたようですが、どこかへ移動したようで現在では食害も発生していないとのこと、
シカの食害に悩むくつきの森としてはもっともうらやましいところでもありました。
今日の作業は東京からの参加者70名が参加、5班に分かれての間伐作業とのことで、
同行させてもらいましたが、もう何回目かの参加ということで、
間伐体験ではなく、ほとんど間伐作業隊といった状態でテープの巻かれた除伐木を
次々と切り倒していかれます。
f0043292_22521485.jpg
f0043292_22522463.jpg
f0043292_22524349.jpg

周りの木々に引っかかる時は引き出しながら倒し、玉切りに。
2時間程度の作業でしたが、各班10本以上の間伐ができたでしょうか。
天を仰ぐと太陽が地面に差し込み、森がすっかり明るくなっています。

明るくなった森に、記念植樹をということで、麻生里山のメンバーも
メグスリノキを植樹させていただきました。
f0043292_225348.jpg


この日は、大渋滞に巻き込まれ東京から4時間以上かけて参加された人もあり
閉会式にはじめて全員集合ということで、中込社長さんのご挨拶や、
わが麻生里山センターも山本副代表がご挨拶をさせていただきました。
f0043292_22532797.jpg
f0043292_2253373.jpg
f0043292_22534862.jpg

くつきの森と那須塩原の森、それぞれに地域性を反映し、違った形の森では
ありますが、地域と企業とが連携して森を育てていく共通点があります。
今度の視察研修の経験をくつきの森の保全管理にも活かしていきたいなと
そんな気持ちを新たにすることのできた研修だったように思います。
研修受け入れでは太陽生命さまには大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。

f0043292_2331367.jpg
こちらは、会津若松と日光を結ぶ南山通りの宿駅の一つ大内宿の町並みです。
見事な茅葺きの町並みが保存されていました。

帰路は、福島県から新潟県を経由して700kmの日本海側を帰ってきました
f0043292_2255352.jpg
往復1400kmの陸路の旅ETC1000円を満喫した視察研修でした、
正直なところ、少々疲れましたが(笑)
by kutsukiforest | 2010-10-18 23:03 | イベント情報

きのこ情報パートⅡ

またまた「きのこ」を紹介します。まずは
f0043292_14494478.jpg
ウスタケです。このウスタケ春にも「やまね館」の近くに出ていたのですが、ある日忽然と姿を消しました。008.gif毒があります!くれぐれも気をつけてください。
f0043292_14533872.jpg
食べられるきのこだったらね・・・・015.gif
f0043292_14552611.jpg
これはシロソウメンタケです。ちょっと気持ち悪い・・・図鑑によると食べられるそうですが・・・
f0043292_14574336.jpg

f0043292_14582428.jpg
きれいな色でしょ?ムラサキアブラシメジモドキです。自然の色って本当に素晴らしいですよね053.gif
f0043292_1522730.jpg
f0043292_1524627.jpg
このきのこも食べられるらしいです。ちょっと触りましたが、とってもネバネバでびっくり!!撮影した3日後には跡形もなく消えていました。
f0043292_1572053.jpg
これはきのことは関係ありませんが、森の切株をテーブルにして栗のランチをした形跡を見つけました072.gifうちの職員Aさんによると、リスではないかとのこと!切株のテーブルで食事をするリスの姿を想像するとワクワクします。
そして次は、苦手な方すみません008.gif
f0043292_1514398.jpg
ヤマカガシの幼蛇です。まだ小さいので、体の色がでていませんが大人になるときれいなオレンジ色が目立ちます。毒をもったヘビなので、見かけても触らないでくださいね。
by kutsukiforest | 2010-10-14 15:22 | 森の自然情報

きのこ情報

「くつきの森」のきのこ情報
くつきの森にはたくさんの「キノコ」が出ています。
その中の一部を紹介したいと思います。
*キノコの名前を掲載しますが、確実性は・・・・・あまり信用しないでくださいね。
キノコ博士の方、是非教えてください。
f0043292_1365271.jpg
これは、シロオニタケです。幼菌は
f0043292_1381156.jpg
作り物みたいでしょ?
f0043292_1393789.jpg
黒いキノコはオオウロコタケ。もうひとつはチャウロコタケです。
f0043292_13112421.jpg
ナラタケモドキと思われます。
f0043292_1312122.jpg

f0043292_13134831.jpg
たぶんヒラタケ??
f0043292_13143239.jpg
ホウキタケです。
f0043292_13154781.jpg
モリノカレバタケかな??
f0043292_13163525.jpg

f0043292_1317478.jpg
オオノウタケ。きのこですよ!
f0043292_1318513.jpg
マイタケ。自然のマイタケは市販の物とちょっと違いますよね。

「くつきの森」には、まだたくさんの種類のキノコが出ています。キノコ情報第2弾をお楽しみに!
今回写真を載せたキノコのほとんどがもう跡形もなく消えています。「くつきの森」の住人?住獣?達の胃の中だと思われます。

*「くつきの森」内でのキノコ採取、植物採取は禁じられています。皆さん守ってくださいね。
by kutsukiforest | 2010-10-10 13:28 | 森の自然情報

親子で木にふれる学習会が開催されました

爽やかな秋の風が吹きぬけるくつきの森で
高島木の家づくりのグループ主催の
親子で木にふれる学習会が開催されました

今日のメニューは
森のいろいろな木々を観察するハイキング
f0043292_2064870.jpg


そのあとは、杉丸太からマイお箸を作る工作の時間
高島木の家づくりのグループのメンバーには
プロの大工さんもたくさん参加されており
大工さんの応援を受けながら、
のこぎり、なた、小刀を使って上手にお箸作りに挑戦されていました
f0043292_2071626.jpg
f0043292_2074553.jpg
f0043292_208181.jpg
f0043292_2081414.jpg
f0043292_2082951.jpg
f0043292_2085157.jpg

自分たちで作ったお箸での食事、一味違うかも知れませんね
by kutsukiforest | 2010-10-02 20:10 | イベント情報