人気ブログランキング |

<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夏のキャンプ開催!

8月26日(水)晴れ→くもり
24日~25日の一泊二日で夏のキャンプの受け入れを行いました。
お越し下さったのは、大津の小学生、中学生、合わせて12名の子どもたちとスタッフ5名の計17名のみなさんです。

到着後、早速カラミ谷へ。
網を持って、谷の生き物探しです。
f0043292_14123259.jpg

サワガニ、小魚、イシガメの赤ちゃん・・・などいろいろ見つけられました。
その後、恒例となった魚つかみです!
f0043292_1413548.jpg

f0043292_1414736.jpg

ひとりで3匹も4匹もつかまえたお友達もいました。

お昼ごはんは、持参したおにぎりとつかんだイワナの塩焼きです。
f0043292_14144966.jpg


午後は麻生川で川遊び。
f0043292_14151117.jpg

やや気温も低めで水も冷たかったのですが、みんな元気に飛び込んだり泳いだり。
唇を青くしながら、ガタガタ震えながら川遊びを楽しんでいました。

40分ほど泳いだらさすがに「もう寒い~」
そこで、ユリノキ広場で木登りをして身体を温めました。
f0043292_14181360.jpg

ロープでブランコも作り、ユリノキとたっぷりと戯れました。
f0043292_1418487.jpg


さて、谷や川で遊んだみんなは、夕方には「お腹空いた~」「おやつ~」!
もう少しで夕食だからおやつは我慢しよう!ということで、お風呂に入っていよいよお楽しみのバーベキュー。
お腹を空かせたみんなの食欲はスゴイスゴイ!
普段はシシトウやなすびなどの野菜を食べない子も「ちょうだい、ちょうだい!」と取り合いでした。
f0043292_14215673.jpg


夕食後、すっかり日が落ちたくつきの森。
初日最後のお楽しみは「キャンプファイヤ~!」
火の神様が登場すると、みんな「え~?」「誰~?」と興味津々。
f0043292_1423433.jpg


火の神様に点火してもらった火を囲んで、
ゲームをいろいろ楽しみました。
f0043292_14234633.jpg


これで1日目は終了。
おやすみなさい。

・・・そして2日目。
早起きしたみんなは、朝食後、片付けや掃除を済ませてホールに集合。
午前中はおみやげ作りです。
小さな子でも作れるように、ペン立てにしました。
f0043292_14244596.jpg

完成したペン立ては、ボンドが乾くまでゴムで押さえて持ち帰ります。
f0043292_14465299.jpg


おみやげ作りの後は流しそうめん。
竹のスロープを流れるそうめんを必死でつかんでぱくぱくぱくぱく。
なんとまあ、すごい食欲の子どもたち。
みんなで楽しみながら食べたので、あっという間にそうめんはなくなりましたが、お腹いっぱいになりました。

そしてキャンプ最後のお楽しみは、スイカ割り!
小さい子から始めましょう、ということで、小学1年生の男の子がトップバッター。
f0043292_14253858.jpg


すると・・・!

パカッ!
f0043292_14273781.jpg


なんと、トップバッターの子が見事に割ったのです。
それもキレイに半分に!

後に並んでいた子たちの呆然とした顔は私も忘れられません。
「ぼくも・・・」「私も・・・」「やりたかったのにー!」と騒ぎ(?)が起きたので、ビニール袋に空気を入れてスイカに見立てて「ビニール袋割り」をやりました。
f0043292_14292330.jpg

これで満足してくれたかな?
結構盛り上がっていたので満足してくれたようでした。

12名の元気な子どもたちは2日間のキャンプを終えて、大津に帰って行きました。
盛りだくさんメニューで賑やかな2日間だっただけに、みんなが去ったくつきの森は、ちょっと寂しくなってしまいました。
また来てくださいね!
by kutsukiforest | 2009-08-26 14:47 | 森のお客さん情報

レオクラブのみなさんがお越し下さいました。

8月24日(月)晴れ
22日、23日の週末に、レオクラブのみなさんがお越し下さいました。

「施設内での作業を手伝わせてください!」という
ありがたい要望をお持ちのみなさんでしたので、
施設周辺の草刈りをしていただくことに。
f0043292_9274613.jpg

まずは、職員の中村から草刈りの鎌の使い方の説明が。
この日使ったのは、「長鎌」という、柄の長い鎌です。

説明の後、早速草刈りにかかりました。
初めて使う「長鎌」に、悪戦苦闘しながらも草刈りに励んでくれました。
f0043292_928042.jpg

f0043292_9281426.jpg


暑い中での作業だったので、みんな汗だく。
終了後、川でひとっ風呂(?)浴びる方もいらっしゃいました。
f0043292_9282969.jpg


夜は、焚き火を囲んでのアトラクションやゲームを楽しみ、
翌日は、使用したやまね館内を掃除して帰ってくださいました。

最高年齢32歳という、非常に若い団体さんでした。
みなさん、ありがとうございました。
by kutsukiforest | 2009-08-24 09:37 | 森のお客さん情報

サバイバル講習会がありました!

8月22日(土)晴れ
残暑厳しい毎日です。
お盆前からずーっと晴れ。
それも蒸し暑さがひどいです。
でも、朽木に来られるお客さんは「涼しい~」とおっしゃるので、ここで「暑い暑い」というのはぜいたく??

そんな中、高島市内の親子対象に「サバイバル講習会」が開かれました。
主催者は高島市防災課です。
9月1日の防災の日に向けて、災難にあったときの訓練をしました。

まずは、空き缶で作る「サバイバル飯」。
普通のアルミ缶に米を入れて炊きます。
f0043292_1152166.jpg

一方こちらは「ビニール飯」。
厚めのビニール袋に米を入れて、たっぷりのお湯でゆがくと、不思議なことにごはんがたけるのです。
f0043292_11532039.jpg

ごはんをゆがいた後に、レトルトのカレーを入れて温め、お昼ごはんはカレーライスでした。

お昼からは訓練です。
まずは、消火訓練。
消化器を使って火を消す練習です。
f0043292_11543012.jpg

消化器の存在は知っていても、使い方を知らなかったら何の意味もないですね。
この日、子どもたちは消化器の使い方も学びました。

そして次はバケツリレーでの消火訓練。
f0043292_11552862.jpg

これは消火の定番ですが、みんなの力を合わせることの大切さを体験していただきました。

そして、滅多に見られない装甲車の披露。
自衛隊の方々にお越し頂きました。
子どもたちは中にも入らせてもらえました。
貴重な体験ですね・・・。
f0043292_11572097.jpg


それからロープワーク講習。
基本的なロープワークを教えてもらいました。
便利だけどいざというとき忘れてしまうので、日々、訓練しておかないといけませんね。
f0043292_1262278.jpg


社会福祉協議会の方からは、ボランティアの力の大切さをお話ししてもらいました。
結局、災難にあったときに一番の力となってくれるのは、地域の方々。
地域ぐるみで助け合いをすることが大事だということを教えていただきました。
f0043292_11595566.jpg


これは新聞で何を作っているかというと・・・、
スリッパです!
地震や火事の時、真っ先に屋外に逃げると、裸足だった・・・。
裸足だとガラスの破片や釘などが落ちていると危ないですよね。
そんなとき、新聞紙という身近で手に入りやすいもので履き物を作れるというのは便利ですね。
f0043292_1213255.jpg


最後に応急処置訓練。
三角巾を使った応急手当を消防の方々に教えてもらいました。
f0043292_1221562.jpg


盛りだくさんの訓練を身につけた子どもたち、大人たち。
おみやげにオオクワガタをプレゼント!


この日体験した訓練は、実践されないのが一番ですが、
いつ何時、災害に遭うかわかりません。
「いざというとき」に備えて、しっかり身につけておきたいですね。
家に帰ってからも、そして防災の日に限らず、心構えを持っておきましょう!
f0043292_11582168.jpg

by kutsukiforest | 2009-08-22 12:06 | 森のお客さん情報

今日はやっと夏らしいお天気です。

8月12日(水)晴れ
セミがジージー鳴き、おひさんがカンカンと照りつけ、やっとこさ夏らしい日となりました。
明日はまた雨、という予報が出ていますが・・・。

ところで、8月9日から12日まで滞在中のアサヒキャンプのキャンパーたち。
初日から雨に見舞われ思うような野外活動ができなかったのですが、昨日は曇り空の中、魚つかみ体験をしました。
場所はいつものごとく、カラミ谷。
f0043292_13203152.jpg

この日はビワマスを30匹ほど放しての魚つかみです。
f0043292_13211832.jpg

グループごとに水に入ります。
まずは男の子グループ。
f0043292_13214468.jpg

↑「いたいた!」「つかまえるぞ!」と張り切りすぎて水が濁って「あれ~?」「おらへん」
・・・って、そんなはずはない!ねらってつかまえないと!

次は女の子グループ。
f0043292_1324647.jpg

↑魚のぬるっとした感触に「いやや~」と言いながら入りましたが、
だんだん慣れてきて「よ~し!」「つかまえるぞ~!」とテンションが上がってきました。
女の子達は、つかまえたビワマスのお腹を出す作業も手伝うほどのたくましさ。

そして最後は大人グループ。
f0043292_13261119.jpg

↑今まで子どもたちがあたふたしている姿を見て「なにしてんの」「ここにいるで~」と言っていたのですが、いざ入ってみると「あれ~。どこや?」「意外と難しいな~」と悪戦苦闘。
それでも子どもたちが取り逃がしたビワマスを全てつかまえてくれました。

このビワマスは、夕食時に炭火で串焼きにして食べました。
子どもたちも喜んで食べたそうです。
さっきまで生きていた魚をつかまえて、自分たちで串を刺して焼いて食べる・・・。
都会暮らしのこの子達は、どう感じたかな・・・。

さて、明日(13日)から15日まで、やまね館は休館いたします。
みなさまにはご迷惑をおかけしますが、16日以降のお越しをお待ち申し上げます。
by kutsukiforest | 2009-08-12 13:31 | 森のお客さん情報

120人のお客さん!

8月11日(火)くもり
まったく変な夏です。
梅雨が明けたというのに、夏の日ざしはこの前の土曜日だけ!
日曜日から再び雨と曇り空の毎日です。
蒸し暑いので不快指数は100を超えそう!

そんな中、8月8日(土)~9日(日)の一泊二日で、ロート製薬さんのCSRで、目の見えない方々を含めた120名の団体さんがくつきの森にお越しになりました。

宿泊でこれだけの人数は初めての受け入れです。

さて、初日は名神高速道路が大渋滞で、大幅に到着が遅れてしまった、というハプニングがありましたが、何とか元気にそろったキャンパー達です。
f0043292_11134736.jpg

自己紹介などのあと、早速野外へ。
ニジマスの魚つかみに向かいました。
暑い中、待ってましたとばかりにカラミ谷で遊ぶ子どもたち。
f0043292_11144159.jpg

ネットを張った囲いの中で、約20匹のニジマスを放流し、楽しそうに追いかけ、つかむみんなです。
f0043292_11153098.jpg

つかんだニジマスは、夕食でバーベキューと共に炭火焼きでいただきました。
おいしそう!
f0043292_1116862.jpg


1日目はお天気に恵まれたのですが、2日目は朝から雨・・・。
予定していた野外でのアートプログラムは、やむなく屋内で行われることに。
f0043292_11165517.jpg


視覚障害のある方々にもスタッフが付き添い、自然たっぷりの環境の中で楽しんでいただけたことと思います。見るということだけでなく肌で感じる自然の良さを、目の見える私たちももっと敏感に感じられるようになりたいですね。

みなさん、お疲れ様でした!
f0043292_11182916.jpg

by kutsukiforest | 2009-08-11 11:20 | 森のお客さん情報

今日は魚つかみ!

8月7日(金)くもりちょっと雨
今日は朝から肌寒い曇り空でしたが、10時前に元気な子どもたちがやって来ました。
地元の学童保育所の小学生です。
小さな学校の子どもたちなので学童の子どもも全員で7名。
こぢんまりした学童保育所です。

それでも元気いっぱい。
川へ行こうよ!と水着姿でさっそくカラミ谷へ。

まず、カラミ谷で水の生き物の観察をしました。
水も冷たいのに、ゴーグルをはめて肩まで浸かる子も!
f0043292_13403171.jpg

女の子達も一生懸命顔をつけて魚をさがしています。
f0043292_13405664.jpg

そのあと、イワナを22匹放流してもらい、魚つかみをしました。
f0043292_13412585.jpg

去年も来た子どもたちがほとんどだったので、つかむのは慣れたもの。
そして今年はなんと、ウナギも放流!
こちらはなかなかつかめません。
f0043292_13424031.jpg

イワナはその場でさばきました。
川の水でさばくのが一番!
その様子も子どもたちに見てもらいました。
「気持ち悪い!」「いやや!」という子もいましたが、
「みんなが食べている魚はこうやってみんなの力になってくれるんだよ~」と話しながら串も刺しました。
お腹を見るのは苦手な子も、串を刺すのは手伝えました。
f0043292_13503135.jpg

そしてお昼はやまね館の中庭で流しそうめん。
そうめんだけでなく、スルメ、フルーツ、寒天、ちくわ、そしてアラレも流しました。
人気だったのはグミとミカンでした。
f0043292_13513712.jpg

さきほどのイワナとウナギは炭火焼き。イワナは3匹も食べた子もいました。
このあと、麻生川本流で川遊びの予定でしたが、今年は増水のためなしになってしまいました。でも、沢での遊びを楽しんで、お腹いっぱいになった子どもたちでした。
by kutsukiforest | 2009-08-08 13:54 | 森のお客さん情報

沢登り、川遊びに満喫した小学生たち

8月6日(木)くもり
今日は、広島に原爆が投下された日です。
出勤途中に8時15分を迎えたので、車の中で1分間の黙祷をしてくつきの森へ出勤しました。

さて、8月3日の話になるのですが、地元の小学生20名がくつきの森へ自転車でやって来ました。
夏のキャンプです。
くつきの森で一日たっぷりと水に触れる体験をし、学校に泊まる、というキャンプです。

まずはユリノキ広場で開校式。
今年は豪雨があったため、川の水が増えていること。
水は時に恐ろしい一面を見せ、一瞬にして人の命を奪ってしまうこと。
川の流れやその勢いを肌で体験することも大事であること。
・・・等々のおはなしをさせてもらいました。
f0043292_848420.jpg

一生懸命はなしを聞いてくれた子どもたち。
早速、カラミ谷へ網を持って入ります。
f0043292_848368.jpg

すると、いきなりの淵。
腰あたりまで浸かってしまうので、ロープを張ってトラバースしました。
f0043292_849188.jpg

そこからじゃぶじゃぶと沢を登ります。
f0043292_8495136.jpg

途中、ちょっとした深みがあると・・・
f0043292_850155.jpg

魚、魚!と叫ぶ子どもたち。
さすが朽木の小学生です。
魚の潜んでいそうなスポットを見つけると、網をつっこみます。

アブラハヤ、カワムツ、カジカなどの魚を捕まえて、沢登りは終了。
「夕食に食べようか」というと
「ヤッター!」と。
でも、人数分捕れなかったので、放しました。


そして午後からは麻生川本流で川遊び。
しかし!
流れが速いし、増水しているし・・・。
f0043292_8525466.jpg

そこで、先生方が川を横断する形で列になり、流れて来る子を受け止められるようにしました。
f0043292_8533685.jpg

「よし!いいよ!飛び込もう!」という声に
「待ってました!」とばかりに嬉しそうに飛び込むみんな。
男の子も女の子も、ちっとも怖がらずに次々と岩から飛び込みました。
f0043292_8543962.jpg

しばらく水の冷たさも忘れて遊んでいたのですが、
「おやつタイム!」の声に、焚き火に群がる子どもたち。
先生方が用意してくれたサツマイモをほおばります。
f0043292_8554197.jpg

そのあとも、たっぷりと飛び込みなどを楽しみました。
f0043292_856109.jpg

最後にスイカ割り。
f0043292_8563313.jpg


天気と増水に心配された一日でしたが、事故もなく無事に終了。
「朽木の子と言えども、川で遊ぶことは慣れていないから」という先生方の心配をよそに、たくましい姿を見せてくれた小学生たちでした!
by kutsukiforest | 2009-08-06 09:00 | 森のお客さん情報

森の子キャンプ中止です・・・

8月1日(土)雨
今日から1泊2日で予定していた「森の子キャンプ」。
9名の子どもたちを迎えて川遊びなどを企画していたのですが、大雨洪水警報が発令されたため、やむなく中止となりました。
くつきの森で友達と泊まることを楽しみにしていた子どもたちは、中止の電話連絡をするととても残念そうでしたが、11時前からくつきの森にも雷の音とすさまじい雨が・・・。

夏休みの想い出づくりがひとつ減ってしまいましたが、みなさんの安全を第一に考えて、中止させていただきました。またの機会に是非ともくつきの森でのお泊まりを実現させましょうね!

f0043292_1150544.jpg

f0043292_11502132.jpg


↑11時半頃のくつきの森の雨の様子です。
by kutsukiforest | 2009-08-01 11:57 | 森の自然情報