人気ブログランキング |

<   2009年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

やまのこ事業で小学生来園!

7月31日(金)くもり
梅雨の空けぬまま7月が終わろうとしています。

さて、昨日はやまのこ事業で、今津東小学校のみなさんがくつきの森へお越し下さいました。
114名もの4年生が、大集合。
一気にくつきの森は賑やかになりました。

案内するのは、やまのこ事業指導員の宅磨氏。
114名のみんなは、4グループに分かれてそれぞれに指導者が付き、森の探検と川の観察の2プログラムをローテーションで行いました。

f0043292_1333209.jpg


森の探検に連れていったのは、ゴンちゃんとオノミユキ。
ふたりとも、くつきの森の職員です。
まずは、毒のあるマムシ草を紹介すると、みんな「え~っ!」「毒?」と興味深そうに観察していました。
f0043292_13344853.jpg


それから、小学生にオススメの「てくてくコース」
はじめは松林と雑木林です。
f0043292_13352490.jpg

クラフトに使う木の実や葉っぱを採取しながら進みました。

最後の方はヒノキの人工林。
人工林と雑木林の違いがよくわかるコースなのです。
f0043292_13362847.jpg

森の探検では、なんとリスが見られたグループがありました。
また、羽化中のセミも見ることができた、というグループもありました。

さて、川の観察グループは、指導者は、やまのこ指導員の宅磨氏と坂本氏。
そして、助っ人に、今津中学校の理科の先生が来てくださいました。
f0043292_13375746.jpg


天気はあまりよくなかったのですが、川に足をつけるとやっぱり気持ちいい!
みんな冷たいのも気にせずどんどん入っていきます。
f0043292_13384482.jpg


そして、カワゲラ、カゲロウ・・・といった水生昆虫やサワガニ、イモリ、カワニナなど、冷たくてきれいな水を好む川の生き物をたくさん捕まえました。
f0043292_13395456.jpg


小学生達は、この日は学校にテントを張って泊まりました。
翌朝の今日、学校でクレフトをしました。
くつきの森オリジナルプレートに、拾った木の実などをくっつけて完成です。
みんなよい作品が出来たかな・・・。
by kutsukiforest | 2009-07-31 13:42 | 森のお客さん情報

「何して遊ぶぅ~」開催されました!

7月29日(水)くもり
蒸し暑い日となりました。
7月27日、28日の二日間、くつきの森は賑やかな小学生達の声でいっぱいとなりました。
来てくれたのは、大阪府交野市の小学3~6年生の元気な44名の男子女子です。

去年、はじめて開催された交野市体育文化協会による「琵琶湖で何して遊ぶぅ~?」キャンプ。
今年は、定員を超える応募があり、先着順で高島行きの切符を手に入れられたのは、44名でした。

交野市から浜大津まではバスで。
浜大津からは、船で今津港まで。
そして今津から再びバスで、このくつきの森まで来てくれました。
長い旅路を辿った理由は、「水のふるさとをさぐる」ため。
大阪湾まで流れる水は、淀川→宇治川→瀬田川→琵琶湖→安曇川→麻生川=くつきの森。
という道をたどっているわけなのです。

そ~んなお話しを、まずは到着してからくつきの森の指導員から聞きました。
みんな、熱心に耳を傾けています。
f0043292_1434464.jpg

f0043292_1435052.jpg


さて、みんなは交野からわざわざ朽木まで何しにきたのかな?
この2日間で「何して遊ぶぅ~」のか、カードに書いてもらいました。
f0043292_14375413.jpg


そしたら、多かったのが、
「川で遊ぶ」
「魚をとりたい」
「川に入りたい」
・・・というもの。

では、早速川に行って、水のふるさとをたどってみましょう。
f0043292_14385662.jpg

f0043292_14391197.jpg

本当は、川で泳ぐグループと、沢を歩くグループとに分かれる予定だったのですが、前日の豪雨で水量が増えていて危険だったので、急遽場所を変更して、比較的水の少ない谷で遊ぶことにしました。

さっそく生き物探しや水の中をのぞいてみる子どもたち・・・。
f0043292_14405575.jpg

f0043292_1441967.jpg


水が冷たく、また天気も涼し目だったので、1時間ほど遊んでやまね館にもどりました。
休憩タイム!
f0043292_14415184.jpg


入浴はてんくう温泉でゆっくり疲れをとって、お楽しみの夕食です。
今晩は、地元の「三浦食品」さんによる地元食材を使った手作りバイキングです!
f0043292_14431114.jpg

f0043292_14432430.jpg


夏野菜の天ぷら、古代米ごはん、野菜サラダ・・・などいろいろなメニューが勢揃い。
中でもちょっと変わっていたのが・・・
f0043292_14442792.jpg

↑これはなんと、サバカレー!
「え~?」という声もありましたが、食べてみるとおいしかったようです。

そして人気だったのは・・・
f0043292_14451580.jpg

↑味付けかしわの鉄板焼きとシカ肉ハンバーグ!
特に変わっているのはシカ肉ハンバーグですよね。
朽木のシカのミンチ肉を使ったハンバーグで、臭みもなくとてもおいしく、大人気でした。

さて、お腹いっぱい食べた後は、夜の探検、ナイトハイク。
f0043292_14464314.jpg

肝試しのようなお化け屋敷のような・・・。
みんなキャイキャイ言いながら、夜の森の真っ暗闇を楽しんでくれました。

そして1日目は終了。おやすみ・・・。

さて、翌日は「きこり体験」です。
f0043292_14475443.jpg

木を伐って、残った木が育ちやすくなるように、
そして森に光が差し込むようにする作業です。
この作業をすることによって、さらにいろいろな木が生え、根を張り、土砂が流れていくのをふせぐのです。
f0043292_14493561.jpg


まず、のこぎりで木を倒す方法を見学。
f0043292_14501051.jpg

次に、機械(チェーンソー)を使って大きな木を倒すところを見学。
とても迫力がありました。
f0043292_14504990.jpg

どちらも山の職人さんに見せてもらった技でした。

このあと、伐採した木を好きな大きさに切ったり、皮をむいたりしました。
f0043292_1451427.jpg


午前中、「きこり体験」で汗を流して満足そうなみんなの顔。
f0043292_14532451.jpg

午後は、高島市新旭町のかばたに向かいます。
そこで、また水で遊んで交野市に帰る、というプログラムでした。

来年もみんな来てくれるといいなあ~。
by kutsukiforest | 2009-07-29 14:56 | 森のお客さん情報

夏休みが始まりましたが・・・

7月23日(木)晴れ
梅雨の晴れ間か梅雨空け間近か?
今日は夏らしいお天気です。

さて、夏休みに入り、どこもかしこも夏気分ですよね。
くつきの森も、来週からお泊まりのお客さんや川遊びのお客さんで賑わい、夏本番!を迎えます。

そんな夏休み中ですが、早くも秋のイベントを紹介します。
9月から開講する「ヨガ体験教室」です!

「くつきの森でヨガ教室してくれない?」というある人からのリクエストと
「くつきの森の新鮮な空気がいっぱいの場所でヨガ教室をしてみたい」という講師の方の提案が、うまいタイミングで一致したので
「これはやるっきゃない!」
ということで、開講を決めました。

講師は、朽木小入谷(おにゅうだに)在住の飯高まりなさん。
若くて美人の先生ですが、
インドでヨガの勉強をされた本場仕込みです。

9月9日(水)スタートの水曜日コースと
9月26日(土)スタートの土曜日コース。
いずれも10:00~11:30の1時間半で、参加費1回1000円です!

ちらしを載せますので、見てみてください。
(小さくて字が読みにくくてごめんなさい。)
興味のある方は、メールでご連絡くださいね。

f0043292_14445041.jpg


9月に入って少し涼しくなったくつきの森で、
リフレッシュヨガをしてみませんか?
初心者の方も大歓迎です!
by kutsukiforest | 2009-07-23 14:46 | イベント情報

週末のお客様

7月16日(木)くもり→雨
やっぱりまだ梅雨ですね。
曇り空から夕方雨。

そんな梅雨の真っ最中でしたが、先週末(7月11日~12日)に
ボーイスカウトのみなさんが大津から来てくれました。
小学3年~5年までの13名。
正式には「カブスカウト」というそうです。
(「ボーイスカウト」は、小学6年生以上だそうです。)

夕方の様子しか見ることができなかったのですが、
夜のキャンドルファイヤーにむけて、中庭で歌を練習中のみんなです。
f0043292_1527424.jpg


歌の練習後、おもしろいゲームをしていたので仲間に入れてもらいました。
ロープを腰に巻いて、一対一で向かい合わせになります。
短い方のロープを持った手で、ロープを引いたりゆるめたりします。
そうして、相手の足を動かした方が勝ち、というゲーム。
f0043292_15284459.jpg

タイミングよく引いたりゆるめたりを繰り返します。
力だけでは勝てないゲームで、大変盛り上がりました。


そしていよいよキャンドルファイヤー。
13名のスカウト達がキャンドルに点火し、
歌を歌ったりしながら、楽しく過ごしました。
f0043292_15295574.jpg


スタッフとして同行してきたお父さん、お母さん達も参加し、
いつもは静かなくつきの森の夜もこの日の晩はちょっと賑わいました。

うちの子も参加させてもらったのですが、
この時に教えてもらった歌を、今でも口ずさんでいます。

また森に遊びに来てね!
by kutsukiforest | 2009-07-16 15:32 | 森のお客さん情報

今津から朽木に抜ける道を歩きました!

7月14日(火)晴れ
今日も蒸し暑い日となりました。
今津町椋川に「おっきん椋川交流館」という茅葺きのおうちの館があるのですが、
そこのスタッフの方々と、くつきの森のスタッフとで、
今津町椋川から、くつきの森のある麻生に抜ける道を歩きました。

昔はこの集落同士で行き来があり、
途中には集落もあったといいます。

そこで、当時の昔の道を知る方にも同行していただき、半日かけて歩きました。

f0043292_14144634.jpg

↑ここから山道に入るのですが、昔「ハンノキ橋」という橋がかかっていたそうです。
もちろん今はありませんので、川の中を渡ります。


f0043292_14154624.jpg

↑このあたりにも集落があったようで、竹やぶが残っています。


f0043292_14162735.jpg

↑途中、ちょっと寄り道して、昔マンガンを掘っていたという洞穴を見に行きました。
煙のように見える白い気体は、なんと冷えた空気。
穴の入口は天然のクーラーで、ささーっと汗が消えました。


f0043292_14174725.jpg

↑このあたりは「下自在坊(したじざいぼう)」という集落だったそうで、
ここにも竹やぶが残っています。


f0043292_14184884.jpg

↑ここから川を渡って、向かいの山に道がついていたそうですが、
ここの橋ももちろんなくなっています。


f0043292_14205899.jpg

↑これが昔の道です。今は草むらになっています。


昔の道はありませんが、川沿いに下っていくと、くつきの森につながる林道に出ます。
この林道を下ると麻生の集落に出るわけです。


f0043292_14212884.jpg

↑これは林道沿いにあった不思議な石垣。
何回もこの道を行き来したという椋川の方でも正体がわからないそうです。

・・・・・このように、道は消えかかっているものの、集落間を結ぶルートはたどれました。
今後、双方で力を合わせてこの道を整備していきたいと思います。

なだらかでアップダウンもほとんどない道。
椋川からくつきの森まで歩いて1時間ほどで行けます。
林や植物が取り立てて美しい!というわけではありませんが、
マンガンの洞穴の他、井戸の跡、休憩場所に使っていたお地蔵さん、集落跡など昔の人の生活に触れ、昔の場面を想像しながら歩くと楽しい道です。ある意味、ロマンに満ちている(?)といえるでしょう。

道がはっきりとしないので、おすすめはしていませんが、地図はくつきの森に置いてあります。
行ってみたいという方は、お立ち寄りください。
by kutsukiforest | 2009-07-14 14:30 | 森の自然情報

マキネット大活躍!

7月9日(木)くもり

蒸し暑い一日でした。

昨日は、マキネットのメンバーがくつきの森に来てくださり、
湿地園の整備をしてくださいました。

私も一緒に参加したので、写真を撮り忘れてしまい、
あまり活動中のものがありませんが・・・、

f0043292_15595340.jpg

f0043292_160951.jpg

f0043292_1602450.jpg


遠くの方にメンバー達が作業している姿が見えるでしょうか?
湿地園を流れる沢に、枝や落ち葉がひっかかってダムのようになっていたので、
掃除をしてもらいましたが、そのおかげでスムーズに水が流れるようになりました。

きちんとした写真が撮れず、活動の模様をお伝えできずごめんなさい。
また、マキネットの方々に来ていただくことがあれば
その時はちゃんとご報告できるようにします。

みなさん、ありがとうございました!
by kutsukiforest | 2009-07-09 16:02 | 森のお客さん情報

第2回水曜ハイクを実施しました!

7月8日(水)くもり
今日は、森の管理人と歩く、と題してハイキングを行いました。

今日はたくさんの参加者がお越しくださいました。
なんと、14人です!
f0043292_15562840.jpg

まずは挨拶です。

f0043292_1557363.jpg


今日は、セラピーロードのロングコースである東山コースです。
f0043292_15574523.jpg

f0043292_15575763.jpg

f0043292_15581028.jpg

f0043292_15582432.jpg


途中、少しだけコースを整備しました。
あまり天気がよくなかったのですが、みなさん、楽しく歩いてくださいました。

次回は、9月9日(水)13時からです。
申込み不要ですので、どうぞお越し下さい!
by kutsukiforest | 2009-07-08 16:00 | イベント情報

コモンバの滝に行きました!

7月6日(月)晴れ
昨日は旅の本棚という山旅の旅行社のみなさんがお越しになりました。
この日は、朽木小入谷に住んでいる飯高転石さんにガイドをお願いし、
コモンバの滝を訪ねました。

まず、飯高さんのお家に到着。
立派な茅葺きのお家です。
f0043292_16322662.jpg


お昼ごはんのお弁当をいただいてから、
コモンバの滝へ出発。
途中、飯高さんのおはなしを聞きながら歩きました。
f0043292_16345365.jpg

f0043292_1635745.jpg


林道、そして山道をゆ~っくり歩くこと1時間半。
コモンバの滝に到着です。
f0043292_16365642.jpg

みなさん、しばらくじっと黙って、滝の音に耳を傾けました。

帰りは大地を一歩一歩踏みしめながら下りました。
f0043292_1641439.jpg


森林、山村、樹木・・・などなど、いろいろな文化や人とのつながりについて飯高さんからおはなしを聞いたハイキングでした。
旅の本棚さんは、夏、秋にもツアーを組んで、朽木にお越し下さいます。
京都、大阪方面の方は、是非、ツアーに参加してください。
by kutsukiforest | 2009-07-06 16:41 | 森のお客さん情報

間伐、薪割りに小学生挑戦!

7月1日(水)くもり

今年の梅雨は、この辺りは雨がほとんど降りません。
心配になるくらいの空梅雨です・・・。

そんな中、昨日(30日)は地元小学生5,6年生の
森林体験学習を受け入れました。
空梅雨で雨が欲しい、と思っていても、
この日は雨よ降らないでくれ・・・と勝手な願いをかけていたら
なんと、天気予報で100%の降水確率が出ていたのに雨が降りませんでした!

と、いうことで、小学生達が来園。

まずは、木を伐る意味やその必要性について、
地域指導者の飯高さんからおはなしを聞きました。
f0043292_14141321.jpg

パワーポイントの資料や写真を見ながら、みんなで学習したことは・・・、
人工林を放ったらかしにする→林に光が入らない→下草が生えない
→土に根が張らない→土砂が流れる→山から土が流れていく→
下流の水も汚れる     ・・・ということ。

だから、光の入らない人工林を明るくするために、木を間引く(=間伐)ことが必要なのです。

そんなお話しを聞いた後、みんなで間伐体験に出発しました。
まずは、どのようにして木を倒すのか。
飯高さんにお手本をみせてもらいました。
f0043292_14182778.jpg

倒す方向に人がいないことを確認すること。
森林の作業は大変危険で、命に関わる事故につながることもある・・・など
安全第一で行うことも大切なのだ、ということもお話ししてもらいました。
そしていよいよ、木が倒れます!
f0043292_14194570.jpg

どし~ん!という音と共に、ヒノキが倒れました。
木が一本倒れただけでも結構な衝撃があり、みんな「わ~っ!」と歓声をあげていました。

次はお手本を参考に、自分たちで木を倒します。
f0043292_14211418.jpg

順番に交代しながら、グループで協力し合って倒します。
倒した木は、皮をめくっておみやげに持って帰りました。

そしてもうひとつの体験は「薪割り体験」
ガスや灯油の普及で、薪を燃料にしなくなったこの時代、
薪割りをしたことのない子どもがほとんど。
大人でも体験した人は少ないですよね。

この日は、30cmほどの長さに切ったスギの木を割りました。
まずは、自分の割る木を玉切りします。
f0043292_14233890.jpg


そして、本格的なオノを使って割ります。
f0043292_142454.jpg

f0043292_14241832.jpg

オノが思いの外「重かった」ようで、上まで振り上げるのが精一杯の子も。
それでも「自分で切った丸太を割りたい!」と頑張る子も多く、
その根性にびっくりしました。
今どきの小学生も捨てたもんじゃないですね~。

雨は活動の最後まで降らず、本当にラッキーな一日でした。

f0043292_14263261.jpg

最後にまとめとして、飯高さんから木の利用についてのお話しを聞きました。
ヒノキを使って、お弁当箱を作る課程などを実物をもって説明していただいたので大変わかりやすく、子どもたちも昔の人の知恵や工夫に感心したようです。

くつきの森は賑やかな一日となりました。
by kutsukiforest | 2009-07-01 14:31 | 森のお客さん情報