人気ブログランキング |

<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

おうみ市民活動屋台村2006に参加しています

2006年10月28日 晴れ
県内のNPOや市民活動団体が集いそれぞれの活動の発表と交流を図ることを目的に「おうみ市民活動屋台村2006」が高島市マキノ町マキノスキー場で開催され、我がセンターもポスター展示の部に参加してきました。スタンプラリーのチェックポイントに指定されたこともあり多くの家族ずれの訪問を受けくつきの森のPRをして来ました。
f0043292_23283677.jpg
f0043292_23262462.jpg
f0043292_2327042.jpg
f0043292_2327759.jpg

by kutsukiforest | 2006-10-28 23:28

林間ハイキング

10月22日(日)晴れ
野焼きの会の二日目の午後は、林間ハイキング。気持ちの良い秋晴れの半日を、森林浴で楽しみました。
f0043292_11211422.jpg

f0043292_1116556.jpg

f0043292_1117637.jpg

この日のコースは、研究所周辺です。
f0043292_11174779.jpg

ガマズミの実も、すっかり色づきました。
今年はドングリがほとんどなっていません。去年は豊作でしたので今年は不作かな。
f0043292_1120989.jpg

この水は麻生川に注ぐ谷水です。冷たくておいしいいので、ポリタンクに汲んで帰られる方もいらっしゃいます。まさに天然水ですよ!

次回の林間ハイキングは11月26日。コースはまだ未定ですが、晩秋の森をお楽しみ頂けるコースを考えています。是非、お申し込み下さい!
by kutsukiforest | 2006-10-26 11:29 | イベント情報

野焼きの会成功!

10月21日(土)晴れ
朝、ぱらーっと雨が降ったので、どきりとしましたが、その後は快適に晴れてくれました。
さあ、いよいよ秋のメインイベント、野焼きの会です。
朝から、里山センターメンバーがそろい、野焼きのための薪を組む作業をしました。
f0043292_10533372.jpg

中心に、直径80cmほどの大きなアカマツの切り株を立て・・・、
       
f0043292_10534916.jpg

地面に格子状にアカマツの丸太を組みます。
       
f0043292_1054510.jpg

そして、社のように丸太を立てて、
       
f0043292_10541610.jpg

藁や小枝など燃えやすい焚き物を乗せていきます。
そして完成!

これらが作品。この力作を、組んだ薪の間に入れ込んでいきます。
f0043292_11433543.jpg


f0043292_1140849.jpg

晴れの日が続いたので、防火のために放水!ちなみに、水まきしているおっちゃんは、消防士ではありません。里山センター理事長です。(朽木の人は、消防団に入っているため、消防訓練の出来ている人が多いのだ)

そしていよいよ点火式。御神酒で安全と無事を祈ります。
f0043292_11423635.jpg


あまり一気に温度を上げてしまうと作品が壊れてしまうのですが・・・
f0043292_101897.jpg

f0043292_10182399.jpg

ああーっ!どんどん薪が燃えてしまいます!数日お天気が続いたので、薪がよく乾いて燃えやすくなっているようです。

放水して温度を上げないように調節し、やがて日も暮れる頃・・・
f0043292_101939100.jpg


いい感じに安定しました。
f0043292_10254918.jpg


あとは宴会。
地元麻生の新米おにぎりや豚肉、蟹、あんこう、野菜がたっぷり入ったお味噌汁。○○肉のバーベQを楽しみながら、秋の夜更けを楽しみます。
f0043292_10223729.jpg


このままじっくり焼きながら朝を待ちました。
さ、焼け具合はいかに・・・・・?

そして一夜明けた、22日(日)。
この日もぱーっと晴れてくれました。さあ、いよいよ窯出しです。
f0043292_15263643.jpg


出てきました。焼けた作品。壊れてしまったものもありましたが、初めての割りにはうまく焼けたみたいです。これが焼き物の原点なのですね!
f0043292_15273493.jpg

f0043292_15275138.jpg


このイベントは、来年以降も続けていく予定です。今年は逃した方、来年は是非ともご参加下さい!
by kutsukiforest | 2006-10-22 11:43 | イベント情報

木地山から小入谷(おにゅうだに)へ・・・

10月19日(木)晴れ
くつきの森とは少し離れるのですが・・・、只今高島市では、「分水嶺」をたどって新しい登山道をつくろうと、調査しています。その登山道が、くつきの森近辺もコースに入っているということで、その調査にくつきの森からも参加することになりました。
本日のコースは、くつきの森を流れる麻生川上流の、木地山という集落から尾根に上がり、稜線をずーっと歩いて小入谷という集落の峠まで歩くというものです。
f0043292_14533198.jpg

9時に木地山から尾根まで向かって歩き、与助谷山に登頂!
f0043292_1533553.jpg

ここから尾根道を歩きます。
f0043292_1541614.jpg

・・・ところで、「分水嶺」ってどういう意味かわかりますか??
私も実はこの日初めて知ったのですが、尾根を挟んで片斜面を流れる水は日本海に、もう片斜に流れる水は太平洋側に注ぐ、その境の稜線のことです。つまり、下↓の写真で言うと、右斜面に降った雨は日本海に。左斜面に降った雨は太平洋に流れていく。運命の分かれ道なのです!
f0043292_157784.jpg

そんな、運命の道。なんとブナが立ち並ぶ、非常に歩きやすく快適な気持ちのいい道でした。
ところどころに、「ぬた場」と呼ばれる泥沼があります。イノシシやシカなどの獣が、ダニなどをとるために使う、いわば動物の風呂場です。
f0043292_1592258.jpg

そして2時間ほど歩くと、木地山峠に到着。
f0043292_1582632.jpg

この峠を越えて、木地山と福井県根来(ねごり)の人々は交流をしていました。
このお地蔵様は、峠を越えて行き来する人たちの旅の安全を見守るためのものです。
木地山峠から、さらに1時間ほど歩くと、百里ヶ岳山頂に。ここは一等三角点の山です。
f0043292_15112677.jpg

百里見渡せるほど、展望がよい、と言う意味だそうですが、木が生い茂って遠くまでは見えません。でも、頂上らしい頂上でした。
そこから、小入谷の峠まで下ります。
ところどころに残っているブナの木。↓これは、そのブナの枝に生えている「ヤドリギ」。渡り鳥が枝にとまってフンをし、そのフンの中に入っている種がブナの枝の上で成長するという、変わった種類の木です。
f0043292_15122374.jpg

無事、おにゅう峠についたのは15時。分水嶺登山道が一般開通するのはまだ先ですが、開通した折には、くつきの森で宿泊して、長い山の旅を満喫していただけるプランを練りたいと思います。
by kutsukiforest | 2006-10-21 15:17 | 森の自然情報

きのこ

10月17日晴れ
秋といえばキノコですね!名前はわからないけれど、キノコを紹介します。
f0043292_15594766.jpg

↑これは多分、イグチの仲間?

f0043292_1602081.jpg

↑これはカワラタケの仲間だと思います。

f0043292_160481.jpg

↑これはスギヒラタケでしょう。写真ではわかりにくいですが。
これは吸い物にするとおいしいと言われていますが、毒があることが最近わかりました。食べないように注意してください!

くつきの森はキノコが豊富です。でも、見分けが難しいので、キノコの判別は絶対に専門家と一緒に行ってくださいね。
by kutsukiforest | 2006-10-17 16:03 | 森の自然情報

森と里山フォーラムが開催されました

10月14日(土)・15日(日)晴れ
週末に、「子どもたちの自然体験活動」というキーワードをもとに、里山を考える意欲を持った方々のフォーラムが開催されました。主催者は、インターフェイスLLPの益田さん。
1日目の午後から開会されました。
f0043292_11344477.jpg


セッション1 「里山の暮らしと子どもたち」と題した基調講演が持たれました。

セッション2↓「朽木の伝統食と文化」と題して、地元丸八百貨店を運営しているおばさんたちに、法事などでは定番である、白和えの作り方を指導してもらい、一緒に作りました。
f0043292_1135569.jpg


分科会:グループに分かれて活動の実践の指導を受けました。
f0043292_11391978.jpg

f0043292_1139326.jpg


2日目
麻生里山センターのメンバーも加わって、今後のくつきの森をどう利用できるか、などの提案をいただき、意見交換をしました。
f0043292_11413522.jpg


2日間、とても充実したプランだったようです。その中でも、朽木の料理は大好評。丸八百貨店のおばさんたちの素朴な田舎料理が大受けでした。
↓これはその一例です。
f0043292_114307.jpg


今回は、若い方から年配の方まで、参加者の年齢層も広かったのですが、共通して言えるのは、「くつきの森をもっと活用したい!もっと森に働きかけたい!もっと森と地元に関わりたい!」という声でした。ありがたいことです。そして・・・、「朽木の食べ物ってウマイ!」ということ。これを参考にしながら、今後のイベントを考えていきたいです。
by kutsukiforest | 2006-10-16 11:48 | イベント情報

くつきの森情報

10月13日(金)
よく晴れたさわやかな一日です。
アキノキリンソウが花を咲かせ・・
f0043292_10592158.jpg


コナラがかわいいドングリを付け・・・
f0043292_10594732.jpg


もう秋ですね。
21日・22日は、いよいよ第一回野焼きの会です。秋の夜を火を囲んで過ごしましょう。
職員の中村が、只今その準備に取りかかっています。

まず、会場の芝生とそのまわりのススキをきれいに刈りました。
f0043292_1105518.jpg


そして、防火用の水を掘ります。
f0043292_1121171.jpg


肝心の薪も集めなければ!!
f0043292_1123466.jpg


薪はまだまだ必要です。14日は、里山センターメンバーが集まり、薪集めをします。
by kutsukiforest | 2006-10-13 11:04 | 森の自然情報

第3回フットパスプロジェクトを実施しました

10月7日(土)土砂降り・・・
台風の影響で朝から土砂降り。それでも10名の方々が参加してくださいました。
f0043292_1151979.jpg

遠いところからせっかくお越しくださったので、カッパを着て、傘を差して出発!
この日は、アカマツ新道から南山コースを歩きました。

f0043292_1155015.jpg

途中、いろいろな解説を聞きながら、熱心に観察される方ばかりでした。

f0043292_1165220.jpg

さて、向かいの山に気になる茶色い木々が・・・。これは紅葉ではありません。ナラの立ち枯れです。近年問題となっている、カシノナガキクイムシという虫がブナ科(特にコナラ、ミズナラ)を枯れさせてしまうのです。こんなにナラの木があったのか、と思わせるほどたくさんのナラが枯れています。

そしてお昼はやまね館に戻って、昼食です。
f0043292_11103722.jpg

f0043292_1184834.jpg

本日のメニュー。むかごご飯・ハタケシメジのおひたし・野菜たっぷり豚汁・キャベツの浅漬け・しそ茶・・・以上です。冷えた体を豚汁が温めてくれました。お鍋一杯のお汁ものもおかわりおかわりで空っぽになりました。
さて、次回のフットパスプロジェクトは、11月4日(土)9時30分からです。
紅葉が始まる季節です。たくさんの方のご参加をお待ちしています。
by kutsukiforest | 2006-10-10 11:21 | イベント情報

くつきの森ニュースレター第2号発刊

2006年10月6日
くつきの森ニュースレター第2号が若干遅れ気味ながら本日発刊です。
麻生里山センター発足以来半年、色々なイベントにチャレンジしながら
一生懸命走ってきた足跡をご覧ください。
今回から、漫画家オノミユキ作、やまねちゃんの掲示板も登場です。
f0043292_20564646.jpg
f0043292_20565529.jpg

by kutsukiforest | 2006-10-08 20:57

実の情報です

10月4日(水)くもり
10月に入り、いよいよ本格的な秋です。朝晩は寒く、日中も汗ばむことはなくなりました。それなのに、森ではツクツくホウシの鳴き声が聞こえます。なんで・・・?
これからは秋の味覚が楽しめそうです。その一部を紹介します。
まずは、ナツハゼ。日本のブルーベリーとも言われ、おいしいです。
f0043292_1316114.jpg


次に、アケビ。まだ青いですが、真ん中が割れて果肉を食べられますが、サルに先を越されてしまうでしょう・・・。
f0043292_13171080.jpg


これはガマズミです。真っ赤な実が森を彩っています。ホワイトリカーに漬けると真っ赤なガマズミ酒ができます。
f0043292_1318992.jpg


これは食べられませんが・・・、タンポポのような綿毛をつけるベニバナボロギク。冗談ぽい名前ですが、本名です。実は最近この花の繁殖がすごいのです。日当たりのよいさら地にはボロギク一色!鹿も食べないのでどこにでも生えています。ちょっと困った・・・。
f0043292_13204593.jpg


最後に、くつきの森に植栽している木を2種類。
まずはネコノチチ。実が猫のお乳のような形をしているから?この名があるとか。
f0043292_13214318.jpg

これは有名なハンカチノキ。今年もたくさん実をつけてくれました。
f0043292_1322262.jpg


以上、くつきの森の実の情報でした。
これから冬になるまで、実を付け種を付けて欲しいものです。
by kutsukiforest | 2006-10-04 13:31 | 森の自然情報