人気ブログランキング |

<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

夏ももうすぐおわり?

8月26日(土)
ハンカチノキが実を付けています。
f0043292_14595850.jpg

この日は陶芸教室が行われました。
f0043292_15252161.jpg

f0043292_15253041.jpg

9月には、10月に催される野焼きの会で焼く作品作りも行います。是非どうぞ!
いつもは静かなやまね館。
26日から一泊で行われた山里ステイのお客さん、
そしてやまね館で「夏の学校」と題して合宿をしてくれた京都子どもを守る会のみなさんが館内を賑わせてくれました。
夏休み最後の土日は、大人子どもの声がいっぱいのやまね館でした。
by kutsukiforest | 2006-08-28 15:28 | イベント情報

8月20日(日)

8月20日(日)
立命館大学の先生のグループが訪れました。大人子ども合わせて24名のグループで、午前中、ユリノキの下でゲームなどを行いました。
f0043292_1542443.jpg

お昼は、朽木市場の丸八百貨店のおばちゃん方の地元手料理をバイキングで召し上がっていただきました。手計りで自分の食べられる量を量って、残さず食べましょう、と言う栄養士さんの指導も受けました。
f0043292_15441417.jpg

午後からは、くつきの森周辺をハイキング。クワガタやバッタ、シマヘビなどを発見し大喜びの子どもたちでした。
f0043292_1545387.jpg

来年もまた来てねー。
by kutsukiforest | 2006-08-23 15:45 | イベント情報

森の現地踏査行いました

2006年8月16日 晴れ
くつきの森も快晴が続いており、森の中は若干涼しいかな?って感じですが、猛暑が続いています。でも、森にはいるとツクツクボウシの声も聞こえ、夏から秋へと季節は移り変わっているのでしょうか。
今日は、お盆の最終日ということで最後の休暇を利用して地元のメンバーを中心に研究所裏山の現地踏査を行いました。
f0043292_16415989.jpg

踏査の目的は「くつきの森の冬期の活用法を探る」ことです。
かつて、このあたり一帯がホトラ(広葉樹の若木を刈り取り、牛小屋の敷き草として利用、屎尿を吸いこんだ草を田んぼの堆肥として利用した)山として利用されていた当時、この山は、冬になると地元の子どもたちの手作りのソリやスキーを楽しむミニスキー場として活用されていたそうです。
f0043292_16421160.jpg
ホトラ山の多くは杉や桧の人工林に変わっていますが、踏査に参加したメンバーは、昔のように冬でも子どもたちが遊べる雪遊び広場があるといいな、ソリやスキー作りしてからここで滑るというのはどうや?、歩くスキーも出来ると良いな・・など、自分たちが子どもの頃の冬の日々を思い出しながら、それぞれの夢を描きながらの現地踏査になりました。こんな夢が実現できる日が来るといいですね・・・・
f0043292_16422210.jpg

by kutsukiforest | 2006-08-16 16:45 | 森の自然情報

アサヒキャンプの子どもたち情報

8月4日~10日
4日から滞在中のアサヒキャンプの子どもたち。(先日のブログを見てください)
6日まではやまね館に宿泊し、周辺で活動していましたが、7日から10km離れた木地山という集落まで歩いてキャンプに出かけました。
日中は暑いので、日が少し弱くなった16時頃にやまね館を出発。18時過ぎには無事に木地山に到着し、自分たちでテントを張り、遅い夕食をとりました。
f0043292_15105886.jpg

8日(火)。疲れた子どもたちは、起床時間までぐっすり寝ていたとか。
f0043292_15115269.jpg

この日は冒険ハイクです。麻生川の上流目指して沢登りです。
f0043292_15123746.jpg

f0043292_15124727.jpg

潜れるところも。
f0043292_1513363.jpg

堰堤の滝で、修行。何か悟れましたか??
f0043292_1513406.jpg

川遊びでたっぷり遊んで、この日も木地山泊。夜には台風接近の恐れもありましたが、夜中に雨が少し降っただけでした。
9日(水)。やまね館に向けて、また歩いて戻ります。
f0043292_15152534.jpg

お昼にはやまね館に到着。洗濯など、キャンプのお片付け。休む間もありません。
f0043292_1516751.jpg

そして夜には、夕食会。里山センターのメンバーも招待され、みんなでスイカ割り。
f0043292_15163711.jpg

10日。今日で最終日です。お土産に貯金箱を作りました。
f0043292_15171145.jpg

くつきの森の間伐材を使って、オリジナル貯金箱。夏休みの宿題にもなったかな?
f0043292_1517422.jpg

そして、7日間滞在した11人の子どもたちとスタッフは、怪我もなく事故もなく、無事に合宿を終えてそれぞれのお家に帰っていきました。
とても賑やかだったやまね館が、彼らの去った今、セミの声だけになってしまい、ちょっとさびしいです・・・。また来てね!
子どもたち、そしてスタッフのみなさん、お疲れ様でした!!
by kutsukiforest | 2006-08-10 15:23 | イベント情報

犯人は誰だ?

8月9日(水)くもり
台風は予想していた進路を外れ、滋賀県はほとんど全く影響を受けずに済みました。7日から野外キャンプをしていたアサヒキャンプの子どもたちも、無事にやまね館に戻って来ました。
さて、ぶらりと外に出てみると、ガマズミの実が赤くなっているのを発見。
f0043292_15384438.jpg

そしてその木の下には・・・!
f0043292_1539154.jpg

フンが落ちていました。
犯人はおそらくテンでしょう。木に登ってガマズミを食べ、そのままフンを残したようです。ガマズミの種が消化されずにきれいに残っています。イタチやテンは、なぜだか目立つところ(石の上や道の真ん中)にフンをするようです。自分の存在をアピールしているのでしょうか。
・・・お食事中の方、申し訳ありませんでしたっ!
ちなみに、イタチとテンとは下の絵をご参照下さい。
f0043292_1546328.jpg

上がイタチ。下がテンです。イタチは住宅地にいることもありますが、テンは山の近くに住んでいます。イタチよりもテンの方が大型です。
by kutsukiforest | 2006-08-09 15:48 | 森の自然情報

アサヒキャンプ実施中!

8月4日(金)~ずーっと晴れ
くつきの森が朝日の森だった頃から、この森を深く愛し、活動を続けてくれていたアサヒキャンプのスタッフが、再び子どもたちを集めて「アサヒキャンプ 朽木で過ごす夏休み」と題して合宿を行っています。くつきの森がスタートして初めての団体長期滞在型合宿です。
初日、一緒に過ごす仲間との出合いの式を行いました。
f0043292_10442631.jpg

その後、やまね館ホールにて里山センター理事長の歓迎のあいさつ。
f0043292_1045516.jpg

このあと、10日まで、くつきの森を拠点としていろいろな活動をします。
川遊び、周辺の散策、肝だめし、ナイトハイク・・・等々。
そして昨日、(6日)は、里山センタースタッフと共に、間伐体験。
f0043292_1046281.jpg

ヒノキの林で木を倒すところを見学し、倒した木をのこぎりで切る作業をしました。
f0043292_10471025.jpg

切った木は、皮がめろめろとよくはがれます。「気持ちいい~」といいながら楽しそうに皮をめくっていました。
f0043292_10475111.jpg

そして、できあがったオブジェ(?)。よく乾かして持って帰れば、ステキなお土産です。
f0043292_10482747.jpg

今日は7日(月)。少し疲れの見える子どももいますが、みんな張り切って森へ出かけていきました。夕方からは、歩いて2時間ほどの集落で、キャンプをします。がんばれ~!
by kutsukiforest | 2006-08-07 10:51 | イベント情報

山の子教室開催しました!

8月5日(土)
第一回目の山の子教室を行いました。
連日真夏日の記録を出すほど暑い暑い日でした。
近くの林で間伐見学。木を伐る作業を見た後、丸太切りを体験しました。
f0043292_14273997.jpg

お昼はやまね館で。
f0043292_1432487.jpg

この日は、夏野菜カレー、朽木の豆腐サラダ、ポテトサラダ、揚げ茄子、生野菜サラダ、ヨーグルトサラダなど、朽木の野菜をふんだんに使ったおなかいっぱいメニューでした。
f0043292_1430875.jpg

午後は、工作。間伐材を使った貯金箱と、カヤを使って昔ながらの方法でミニ炭俵を編みました。
↓これは貯金箱。
f0043292_14305825.jpg

↓これは炭俵。炭はもちろん、くつきの森で焼いた炭。(炭焼き体験イベントをご覧下さい)
f0043292_14314739.jpg

この山の子教室は、9月17日(日)にも行います。是非ともご参加下さい!
(小さなお子様でも、保護者の方と一緒でしたら大丈夫です)
by kutsukiforest | 2006-08-06 14:34 | イベント情報

暑中お見舞い申し上げます

2006年8月4日快晴
くつきの森も夏の真っ盛り。
ギラギラの太陽とセミしぐれというよりは夕立のような大合唱。
森では子どもたちのサマーキャンプが始まりました。暑さを吹っ飛ばすかのような子どもの声が響いています。そして、明日は「山の子教室」、森は一層にぎやかになります。

それでも窓さえ開けていれば何とか過ごせるくつきの森から、暑中お見舞い涼風をお届けします。夏ばてしそうになったら森の木陰でゆっくりするのもいいかも。くつきの森でお待ちしています。
f0043292_19393646.jpg
f0043292_19395588.jpg
f0043292_1940478.jpg

by kutsukiforest | 2006-08-04 19:46 | 森の自然情報

やまね館の夏

2006年8月3日晴れ
くつきの森も夏本番です。
南欧風のやまね館には夏の日射しが降り注いでいます。
周りの森からはセミの声の合唱といった感じのにぎやかさです。

やまね館では明日からサマーキャンプが明後日は山の子教室が開催されます。
f0043292_17503458.jpg
f0043292_17504325.jpg

by kutsukiforest | 2006-08-03 17:52 | 施設の案内

炭焼き体験、炭を出しました!

7月30日(日)晴
梅雨明け宣言の出されたこの日、みんなで焼いた炭を出しました。
さあ、窯を開けてみましょう!
f0043292_11335078.jpg

じゃーん!見事に焼けた炭が、並んでいます。
f0043292_11341318.jpg

ひとりが窯の中に入り、バケツリレー式に次々と出していきます。
f0043292_11344687.jpg

出した炭は、同じ長さに切っていきます。
f0043292_1135762.jpg

こんなに山積みにされた炭。どんどん切っていきましょう。
f0043292_11355330.jpg

ほとんどがコナラの炭です。なかなかよく焼けました。きれいに割れ目が入っています。炭は、脱臭・脱湿効果があるそうです。
f0043292_11365631.jpg

また、こちらは炭焼きの際の副産物。木酢液(もくさくえき)です。焼いている途中に煙突から出る煙を冷やして液体にしたものです。これはタールが含まれているので有毒ですが、蒸溜して薄めると防虫剤などに使えます。つまり、水虫に効くのです!
f0043292_11391949.jpg

夏の炭焼き体験はこれで終了しましたが、11月5日には第二回目の炭焼き体験を企画しています。真っ黒になりながら山の仕事を楽しみましょう!参加者大募集です!!
by kutsukiforest | 2006-08-01 11:44 | イベント情報