タグ:森の活動 ( 10 ) タグの人気記事

森の子キャンプ始まりました!

「くつきの森」の夏のメーンイベントともいえる「森の子キャンプ」が始まりました。
1泊2日の日程で、くつきの森でテント泊をするもので、県内各地から29名の小学生が参加してくれました。
このキャンプ、NPO法人アサヒキャンプの全面的な協力を得て実施するもので、今日も14名のスタッフが子どもたちの活動をサポートしていただきました。
f0043292_22403962.jpg

参加者が到着すると、まずは歓迎の歌声でお出迎え。
開会式(入村式)は全員が自己紹介をしてご挨拶です。
f0043292_22411031.jpg


初日のプログラムは「マイおはしづくり」キャンプに使うおはしを手作りします。
初めてカンナを持った子どもたちも上手に削っていきます。
バーニングペンで名前を書いて出来上がり。
f0043292_22414828.jpg
f0043292_2242516.jpg


夕食は、夏野菜カレー、みんなで自炊します。
ご飯は地元朽木のお米を懐かしい「おくどさん」で炊きあげます。
f0043292_22424277.jpg
f0043292_2243426.jpg

f0043292_22452279.jpg

夕食が終われば、定番のキャンプファイヤー、アサヒキャンプの趣向をこらしたファイヤーを楽しみ、本日のプログラムは終了。子どもたちは、疲れも見せず、お風呂に入りテントに戻っていきました。おやすみなさーい。
[PR]
by kutsukiforest | 2013-08-03 22:49 | Comments(0)

「那須塩原太陽生命の森林」視察研修してきました

くつきの森の一部を太陽生命保険㈱と森林保全協定を締結し
森の管理を応援していただいていますが、
同様の協定を結び森林管理をされている「那須塩原太陽生命の森林」があります。
那須塩原の西山国有林の一部、4.81haのカラマツ人工林がその舞台で
今回は、この森でどのような企業連携による森林管理作業が行われているか
視察研修をするため、麻生里山センターの5名が訪問してきました。
f0043292_225105.jpg
f0043292_2251285.jpg

15日(金)20時に朽木を出発し名神、中央道、長野道、信越道、関越道、東北道
を乗り継ぎなんと9時間半かけて無事塩原に到着。小休止の後、太陽生命の森へ。
この森は、熊笹がびっしりと生い茂るカラマツ林で、数年前まではシカの食害が
発生していたようですが、どこかへ移動したようで現在では食害も発生していないとのこと、
シカの食害に悩むくつきの森としてはもっともうらやましいところでもありました。
今日の作業は東京からの参加者70名が参加、5班に分かれての間伐作業とのことで、
同行させてもらいましたが、もう何回目かの参加ということで、
間伐体験ではなく、ほとんど間伐作業隊といった状態でテープの巻かれた除伐木を
次々と切り倒していかれます。
f0043292_22521485.jpg
f0043292_22522463.jpg
f0043292_22524349.jpg

周りの木々に引っかかる時は引き出しながら倒し、玉切りに。
2時間程度の作業でしたが、各班10本以上の間伐ができたでしょうか。
天を仰ぐと太陽が地面に差し込み、森がすっかり明るくなっています。

明るくなった森に、記念植樹をということで、麻生里山のメンバーも
メグスリノキを植樹させていただきました。
f0043292_225348.jpg


この日は、大渋滞に巻き込まれ東京から4時間以上かけて参加された人もあり
閉会式にはじめて全員集合ということで、中込社長さんのご挨拶や、
わが麻生里山センターも山本副代表がご挨拶をさせていただきました。
f0043292_22532797.jpg
f0043292_2253373.jpg
f0043292_22534862.jpg

くつきの森と那須塩原の森、それぞれに地域性を反映し、違った形の森では
ありますが、地域と企業とが連携して森を育てていく共通点があります。
今度の視察研修の経験をくつきの森の保全管理にも活かしていきたいなと
そんな気持ちを新たにすることのできた研修だったように思います。
研修受け入れでは太陽生命さまには大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。

f0043292_2331367.jpg
こちらは、会津若松と日光を結ぶ南山通りの宿駅の一つ大内宿の町並みです。
見事な茅葺きの町並みが保存されていました。

帰路は、福島県から新潟県を経由して700kmの日本海側を帰ってきました
f0043292_2255352.jpg
往復1400kmの陸路の旅ETC1000円を満喫した視察研修でした、
正直なところ、少々疲れましたが(笑)
[PR]
by kutsukiforest | 2010-10-18 23:03 | イベント情報 | Comments(0)

JEC連合 森林ボランティア研修開催される

好天に恵まれたこの週末、くつきの森では、JEC連合(日本化学エネルギー産業労働組合連合会)森林ボランティア研修が開催されました。
森林の中での作業体験を通してボランティア精神を養おうということで、今回、初めての開催ということです。

この研修の開催にあたって麻生里山センターでは、受け入れ準備や研修の講師を務めるなど協力してきました。
今回のプログラムは1日目が、間伐体験、2日目が遊歩道整備と木橋の架設です。

開会式は、大きなユリノキの下で行われました。
麻生里山センターの玉垣理事長が歓迎の挨拶をさせてもらいました。
f0043292_20475789.jpg

間伐の講師の紹介です。
f0043292_20481934.jpg
かみなり橋を渡って間伐の舞台となるヒノキの林へ出発です。
f0043292_2050077.jpg

f0043292_20515629.jpg
麻生里山の主、中村ゴンちゃんです。くつきの森のことなら何でも知っています。
f0043292_205272.jpg
間伐の意義や実践の注意事項を聞いた後、いよいよ間伐体験です。最近は、チェンソーで間伐するのが普通ですが、今日は、のこぎりだけで体験します。
f0043292_2054339.jpg

倒す方向にあらかじめロープを掛け、倒す準備をしておきます。
f0043292_20584170.jpg

倒れたら、枝を払い、玉切りをします。
f0043292_2103580.jpg

皮むきにも挑戦しました、水分をいっぱい含んだヒノキは気持ちのよいほどツルッと皮がむけます。
f0043292_2135455.jpg

ついでに、輪切りで鍋敷きも作ってしまいました。
f0043292_21633100.jpg

若葉が鮮やかな森の中での間伐体験は無事終了しました。研修は2日目へと続きます。
f0043292_2184640.jpg

[PR]
by kutsukiforest | 2010-06-06 19:49 | 森のお客さん情報 | Comments(0)

冬こそヨ~ガ!

こんにちは。
やっぱり雪が降らなかった、くつきの森です。
emoticon-0106-crying.gifもう今年は半分諦めてます。
emoticon-0113-sleepy.gifでも、半分は降ると信じています。emoticon-0105-wink.gif

さて、雪はないのに気温は低い、くつきの森です。
そんな寒々とした時こそ・・・・・ヨーガemoticon-0148-yes.gif

秋はユリノキの懐に抱かれ、芝生の上でさわやかな風にふかれながら野外でのヨーガ教室を開催しましたが、さすがにもうこの気温で野外で行うのは・・・。
ですので、やまね館ホールにて行うヨーガ教室です。

ホールの広い窓ガラスからは森林の風景も見られ、野外ではないけど野外の雰囲気を味わえる絶好のスペースでヨーガを行ってみませんか?
f0043292_10185877.jpg


ちなみにこれは去年の様子なので、窓の外に雪があります。
f0043292_10192823.jpg


体の芯からぽっかぽかになるヨーガ教室。
血行のよくない方や、冷え性の方には特におすすめ!emoticon-0159-music.gif
筋肉をのばしたり縮めたりした後、床に寝転がって目をつぶると本当にリラックス~。
f0043292_10205570.jpg

あれ?寝ちゃったんじゃないの?という人も。
・・・いえいえ。これはシカバネのポーズといって、精神を安らげるポーズです。

あれ?でもやっぱり寝てる人がいる?
f0043292_1021194.jpg

・・・ウソウソ。寝てませんよ。
ちなみにこの女性はウチの職員です~。
ヨーガを始めてから、風邪を引きにくくなった、と話しています。

みなさん、次回の森林ヨーガ教室は、
2月15日(月)10:00~11:30  です!
参加費は、1000円(マットレンタル代は別途100円)
教室の後、お時間のある方はお茶タイムも用意しています。
講師の飯髙真里奈先生から、冬を健康に乗り切るコツなど聞いちゃいましょう!

さて、今年度ラスト3回となった、ヨーガ教室。
やってみたいな~、と思われる方は是非是非お申込み、お問い合せ下さい!
お待ちしていま~す・・・。emoticon-0109-kiss.gif
[PR]
by kutsukiforest | 2010-01-18 10:32 | イベント情報 | Comments(0)

やまね館がアフリカ色に!

いやいや、参りました。
ちょっとしたトラブルがあって、昨日までブログを更新できなくて。
今朝、やっと解決できて復活です!

ということで、ちょっと前のイベントですが、
1月10日(日)に開催された「VIVA!アフリカ」というワークショップを紹介します。
f0043292_9264599.jpg


草津市にある「しが県民芸術創造館」の主催で、
西アフリカはギニアのジェンベ(=タイコ)の奏者である
サーヨン・カマラさんを招いてのワークショップが
ここ「くつきの森」で開催されました。
f0043292_94653.jpg


↓サーヨン・カマラさんです。ギニアでは、水道もガスも電気もない村に住んでおられます。
f0043292_9194783.jpg

サーヨンさんは、ジェンベ奏者として各国各地を行脚して演奏活動にまわっておられますが、実は農夫だそうで、農閑期にこうして演奏活動を行っているそうです。

↓サーヨンさんをはじめさまざまなアーティストに学びながら、シンガー&ダンサーとなられた溝口サトミンさんです。
f0043292_9201749.jpg

大津市に住んでおられたこともあるそうで、この湖西の地にメンバーと一緒に足を運んでくださいました。
とても魅力ある女性です。
今回のワークショップのコーディネートを努めてくださり、たくさんのメンバーを呼んでくださいました。

また、今回は、ジェンベやダンスだけでなくアフリカ料理も楽しんじゃおう!ということで、西アフリカはシエラレオネから、メッドさんという方も料理担当でいらっしゃいました。

メッドさんです。↓日本在住歴が長いので、日本語ペラペラ。時々ジョークも飛ばす、ユニークなおっちゃんです。
f0043292_9203622.jpg


まずは、西アフリカギニアの紹介などをしてくださいました。
サーヨンさんの国はフランス語が公用語なので、フランス語で話されます。
ですので、通訳してもらいながらのおはなし会となりました。
f0043292_92397.jpg

おはなし会では、村の歌もおしえてもらいました。
サーヨンさんのリードで歌い、コーラス部分を私たちが担当します。
歌いながら輪になり、リズムをとって踊ります。
f0043292_922652.jpg

・・・そうですなあ、日本の盆踊りのような感じです。(もちろんリズムは異なりますが)


その後、メッドさんのご指導の元、料理教室となりました。
できあがった料理はバイキング形式でみなさんに召し上がっていただきました。
f0043292_9454080.jpg

この日のメニューは、写真の右から、キャベツのサラダ、鯖とほうれん草とオクラの煮込み、ライス、マフェ(チキン(本当はラム肉を使う)のトマトピーナッツシチュー)、クスクス(小麦粉の粒をお湯でふやかして作る西アフリカ流パスタ?)。 上のコップはカリケンバーのお茶(はちみつとレモンを入れる)・・・でした。
f0043292_9223794.jpg

これに、ちょびっと(・・・どころかかなり)辛いふりかけをお好みでかけて食べます。油は椰子油を使っておられましたが、その他特に変わった調味料は使わず、専ら味付けは塩。
実は私も東アフリカへ旅したことがあるのですが、私が滞在した村でも、味付けは塩のみ。野菜の旨味と塩だけのシンプルな味でした。

シチューや煮込みは、子どもたちにも大好評であっという間に鍋は空っぽ。
みんなお腹いっぱい食べて満足そうでした。

そして午後の部は、アフリカン・ワークショップ。
たくさん用意していただいたジェンベに子どもたちも触らせていただき、サーヨンさんに習ってジェンベをたたきます。
f0043292_924929.jpg

リズムに合わせてサトミンさんがダンスし、それをマネて、みんなも踊ります。
f0043292_9242857.jpg

ダンスは、輪を作ったり列を作ったり、バラバラで自由に踊ったり。
見よう見まねで踊るのですが、サトミンさんのように美しく踊れず、体の硬さを痛感しました・・・。

はじめはストーブをガンガンにつけていた部屋でしたが、ジェンベをたたいたり、踊ったりしていると汗をかくほどにまで暑くなり、最後にはとうとうストーブは全部消してしまいました。


日本の小さなこの山村のひと部屋が、アフリカ色に染まった一日でした。

さて、溝口サトミンさんのワークショップはまだ開催されます。
場所は、大津市に移るのですが、興味のある方は是非、「しが県民芸術創造館」まで問い合わせてみてください。
TEL077-564-5815
です!
[PR]
by kutsukiforest | 2010-01-14 09:54 | イベント情報 | Comments(0)

やまのこの子どもたちが来園

10月14日(水)晴れ
秋晴れが続いています。
昨日(13日)は、地元の小学生がくつきの森にやって来ました。
「おうみやまのこ事業」での森林体験学習です。
指導したのは、やまのこ専任指導員の坂本と宅磨です。

午前中は森林の散策。
午後はクラフトでした。

森林散策の様子を写真でお伝えします。
f0043292_9412514.jpg

f0043292_9413878.jpg

f0043292_9415137.jpg


「おうみやまのこ事業」では、小学4年生の子どもたちが、森林体験学習施設を訪れて、一日から二日間のカリキュラムで体験学習を行います。
くつきの森では、主に高島市内の子どもたちを受け入れています。
5月と10月が受け入れのピークです。

自然観察やクラフトの他、間伐体験、丸太切り体験、ネイチャーゲーム等々、さまざまなプログラムを用意しています。生の自然体験の機会が少ない子どもたちにとって、貴重な一日となったことでしょうね。
[PR]
by kutsukiforest | 2009-10-14 09:45 | 森のお客さん情報 | Comments(0)

NHKで放送されます!

10月9日(金)くもり
台風一過で今日は快晴!と思っていたのですが、
なんだか朝から小雨が残り、
どんより曇り空です。

滋賀県を直撃するかとヒヤヒヤしていた台風18号ですが
少し南にそれて直撃は免れました。
とはいうものの、日本各地に被害をもたらした台風です。
被害に遭われた地域の方々にはお見舞い申し上げます。

8日の夜中から大雨と強風におそわれたくつきの森ですが、
今朝は、麻生川は増水しているものの水の濁りはずいぶん消えました。
f0043292_1518269.jpg

↑7月の豪雨で流されたカミナリ橋を、8月にレオクラブの方々に手伝ってもらって直したのに、またまた流されて川岸に寄せられてしまいました。

さて、こんなくつきの森ですが、今日はお客様が2団体見えました。
やまのこ事業で訪れた高島市内の小学生と、NHKの方々です。
NHKおうみ発610というニュース番組をご存じですか?
なんと、今度くつきの森の放送があるのです!
今日は一日、取材にお越しくださいました。

まず、体験学習に来てくれた子どもたちの様子を取材です。
f0043292_15241844.jpg

「おなじものを見つけよう」というネイチャーゲーム中だったのですが、カメラが近づくとちょっと気になってしまう子もいたかな・・・?
f0043292_1525511.jpg


次に、くつきの森で月に2回開催されている「リフレッシュヨガ体験」の様子を取材。
f0043292_1526132.jpg

先生は飯高真里奈さん。
朽木在住のヨガの先生です。
f0043292_15264015.jpg

昨日の雨で土がぬれているのではないかと心配でしたが、ヨガマットをお借りしてユリノキ広場で行いました。さわやかな涼しい風が吹き抜け、気持ちよくリフレッシュヨガできました。

お昼は三浦食品さんのセラピー弁当。
野菜中心、地元食材を使ったヘルシー弁当でした。
f0043292_15334958.jpg


お昼からは、くつきの森職員の中村ガイドによる散策タイム。
リポーターの村山さんと、ハイキング。
くつきの森の「秋」をテーマに紹介しながらの散策です。
f0043292_15351933.jpg

f0043292_153532.jpg


一日かけての取材でしたが、放送時間は5分ほどだとか。
これから編集してもらい「くつきの森秋の森の癒し体験」(←このテーマは私が勝手につけました。)を紹介してもらいます。
 
放送日は、平成21年10月14日(水)  午後6時半前後  だそうです。
みなさん、この日の夕方は「おうみ発610」を是非見てくださいね!

ちなみに、今回取材してもらったヨガ体験は、10月14日(水)の10時より行います。
こちらへの参加申込みも受け付けていますのでよろしくお願いします!!
[PR]
by kutsukiforest | 2009-10-09 15:40 | 森のお客さん情報 | Comments(0)

小学生が今日も来てくれました!

5月29日(金)晴れ

天気予報では雨の予報が出ていたのですが、奇跡的に(?)晴れてくれました!
今日の 晴れ女 OR 晴れ男 は誰でしょう?

たぶん・・・今日、森に訪れた小学生の子どもたちでしょう!

訪れてくれたのは、養護学校の子どもたち。
初めての森での体験です。
やまのこ事業でくつきの森へお越し下さいました。

まず、ホールであいさつ会。
f0043292_14224723.jpg


天気も抜群なので、さあ!森へ出発!
f0043292_14244294.jpg


道を歩いて広場に向かいます。
f0043292_14273176.jpg


途中、モリアオガエルの卵塊を発見!
あわあわの卵塊をちょっとさわらせてもらいました。
おそるおそる触ってみたり・・・、
f0043292_1443417.jpg


橋をわたりながら、川を眺めたり・・・。
f0043292_1444456.jpg


その他いろいろなものを観察し、
ユリノキ広場に到着!
f0043292_1445166.jpg


ユリノキの下で休憩です。
f0043292_14471338.jpg


なんと!ユリノキの葉っぱがお面に!
f0043292_14474739.jpg


寝ころんだりしてのんびり時を過ごしました。

さて、昼食をはさんでお昼からはクラフト。
スギの輪切りの台に、木の実をボンドではりつけていきます。
f0043292_1449342.jpg


完成した作品です!
まわりから拍手がわき起こりました。
f0043292_14495799.jpg


こうして一日をくつきの森で過ごしてくれた生徒さんたち。
楽しんでもらえたかな?
また森を訪ねて欲しいなと思います。
[PR]
by kutsukiforest | 2009-05-29 14:58 | 森のお客さん情報 | Comments(0)

アサヒキャンプの子どもたち情報

8月4日~10日
4日から滞在中のアサヒキャンプの子どもたち。(先日のブログを見てください)
6日まではやまね館に宿泊し、周辺で活動していましたが、7日から10km離れた木地山という集落まで歩いてキャンプに出かけました。
日中は暑いので、日が少し弱くなった16時頃にやまね館を出発。18時過ぎには無事に木地山に到着し、自分たちでテントを張り、遅い夕食をとりました。
f0043292_15105886.jpg

8日(火)。疲れた子どもたちは、起床時間までぐっすり寝ていたとか。
f0043292_15115269.jpg

この日は冒険ハイクです。麻生川の上流目指して沢登りです。
f0043292_15123746.jpg

f0043292_15124727.jpg

潜れるところも。
f0043292_1513363.jpg

堰堤の滝で、修行。何か悟れましたか??
f0043292_1513406.jpg

川遊びでたっぷり遊んで、この日も木地山泊。夜には台風接近の恐れもありましたが、夜中に雨が少し降っただけでした。
9日(水)。やまね館に向けて、また歩いて戻ります。
f0043292_15152534.jpg

お昼にはやまね館に到着。洗濯など、キャンプのお片付け。休む間もありません。
f0043292_1516751.jpg

そして夜には、夕食会。里山センターのメンバーも招待され、みんなでスイカ割り。
f0043292_15163711.jpg

10日。今日で最終日です。お土産に貯金箱を作りました。
f0043292_15171145.jpg

くつきの森の間伐材を使って、オリジナル貯金箱。夏休みの宿題にもなったかな?
f0043292_1517422.jpg

そして、7日間滞在した11人の子どもたちとスタッフは、怪我もなく事故もなく、無事に合宿を終えてそれぞれのお家に帰っていきました。
とても賑やかだったやまね館が、彼らの去った今、セミの声だけになってしまい、ちょっとさびしいです・・・。また来てね!
子どもたち、そしてスタッフのみなさん、お疲れ様でした!!
[PR]
by kutsukiforest | 2006-08-10 15:23 | イベント情報 | Comments(0)

森の活動始まっています(イーゼルづくり)

2006年5月21日快晴
麻生里山センターでは、くつきの森が望ましい姿で管理・活用されていくためには、間伐材など森の資源をうまく活用する仕組みが必要との認識から、資源の様々な活用法について模索を続けています。
今日は、その取り組みの一つとしてはじまった「イーゼル」づくりを紹介します。

f0043292_1932870.jpg


センターでは、くつきの森ワークショップとして絵画教室なども計画しており、試作品がお目見えしますのでお楽しみに。

f0043292_1934548.jpg


おまけは、今日の森の様子です。日に日に緑が深くなっていきます。
f0043292_194239.jpg
f0043292_1943037.jpg

[PR]
by kutsukiforest | 2006-05-21 19:07 | Comments(0)