雪の森へ

f0043292_185840.jpg
2006年2月4日
天気、雪ときどき晴れ

「節分雪」の言い伝えは今年も当たりました。
2月3日、昼までは青い青い空のいい天気だったのに、昼過ぎからちらりほらりと降り出して、その夜はいよいよ吹雪くような雪になったのです。
からだに感じた気温も、今年いちばんの低さだったように思います。マイナス10度近くまで下がったんじゃないでしょうか。


2005年の4月に始めた森のハイキング、今日はシリーズの最終回です。
かんじきをはいて雪の森を歩きました。
f0043292_953013.jpg
ニシジマさんがはき方を指導。
足跡ひとつない新雪の森を、17人の参加者が歩きました。
f0043292_962034.jpg

f0043292_965195.jpg

f0043292_971214.jpg

f0043292_983794.jpg
歩き終わって、みんなで食べたシシ肉の粕汁は格別でした。

森のハイキングは、これからも続きます。四季折々の「食」も提供したいと思ってます。
そして新たに、森の「歩く道」を再生する”フットパスプロジェクト”を始めます。
ご期待ください。
[PR]
by kutsukiforest | 2006-02-05 09:10 | Comments(0)
<< 朽木は今日も雪降りです 雪下ろし >>