太陽生命くつきの森体験学習、開催される

くつきの森の一部において、太陽生命保険株式会社と麻生里山センターが森林保全協定を締結し互いの森林保全活動をあわせて、くつきの森の保全・活用を図ることとしていますが、昨日、その活動の一つとして、太陽生命くつきの森体験学習が開催されました。
今回は、関西支社から460名の参加ということで、麻生里山センターではプログラムや指導者の手配、現地の安全確認、事前準備等受け入れ準備を進めてきました。
f0043292_16551286.jpg
f0043292_16552875.jpg
f0043292_16554146.jpg


参加者は、12台のバスに分乗し、各支社から朽木をめざしやってこられました。
11時ごろには続々とバスが到着、会場のユリノキ広場は子どもたちの声でにぎやかさを増していきます。
f0043292_1656214.jpg
f0043292_16561314.jpg

11時30分、開会式です。東京本社からやってこられた社長さんや役員さんの挨拶のあと、麻生里山センターの玉垣理事長も歓迎のあいさつをさせていただきました。
f0043292_16565348.jpg
f0043292_1657412.jpg

当日のプログラムは樹名板設置、森林観察コース、植樹コース、森林セラピーコース、木工教室、森林の基礎知識学習コース、おまけに、子どもたちの森の遊び、アロマセラピーに青空ヨガと盛りだくさんとなっており、各コースが6班程度に分かれているため、指導スタッフは40名にもおよびました。
くつきの森中村センター長から、森の活動での注意事項の説明、山ビルやヘビ、ウルシなど十分注意しての説明に皆さんやや緊張気味でしょうか
f0043292_1712289.jpg

午後1時、いよいよ、各コースに分かれて活動開始です。
f0043292_1731364.jpg
f0043292_1732826.jpg
f0043292_1733894.jpg
f0043292_174628.jpg
f0043292_1742045.jpg
f0043292_1744221.jpg
最後は、全員集合して記念写真。460人というと顔が豆粒のような小ささですが、好天にも恵まれ参加者の皆さんは楽しい思い出を胸に街へと帰って行かれました。太陽生命の担当さんからは、くつきのお土産もいっぱい買って帰ってくださいねの呼びかけも。帰路、朽木新本陣や安曇川藤樹の里、道の駅にも寄られるとのこと。高島の良さを一杯かばんに詰めて帰って行かれたことでしょう。
f0043292_17542.jpg

麻生里山センターにとって一大イベント、ケガ人もなく無事終えることができホット一息といったところです。
また、9月にも森林作業にお越しいただく予定となっています。
またのお越しをお待ちしています。
[PR]
by kutsukiforest | 2010-07-11 17:16 | イベント情報 | Comments(0)
<< くつきの森がアフリカに!! 梅雨真っ盛り、連日の雨です >>