フットパスプロジェクト2006参加者募集中

平成18年3月3日

くつきの森は今日も雪がちらちら、森の管理人ナカムラさんによると森の春はもう少し先とのこと。春からは森の行事も目白押し、どうぞお楽しみに!!
ということで、今回は今年のメインプログラムの一つ、くつきの森 フットパスプロジェクト2006~森の道の健康診断と風景再生~の紹介です。
f0043292_20104374.jpg

いい“森の道”とは? 森のフットパス(歩く道)のありようを探り、地元の人たちの森づくりを支援するプログラムです。その参加者を募集します。
フィールドは「くつきの森」。面積約150ヘクタール。かつて、採草地や薪炭林、用材林、水田として利用されてきた琵琶湖上流部の里山です。
この森を、旧道を実際に歩き、フットパスと周辺の森の「健康診断」をしようと思います。参加者それぞれの目で「問題点」や「良さ」を発見・記録し、それを地元の人たちが進めているフットパス修復や森林管理に活かしてもらうのがねらいです。オプションで、地元の人たちが進めている実際の作業への参加が可能です。また、地元の食材を活かした昼食を準備します。「食」を通して、地元の人たちとの交流も図れます。
やさしい里山の風景に“いやし”を見出したい町の人たち。地域の歴史を刻んだ里山の風景を活かすことで“元気”を見つけようとしている地元。フットパスプロジェクトが、そうした森と人、人と人とをつなぐ役目を果たせればと思っています。
f0043292_20105825.jpg

◇とき5月、6月、10月、11月、12月の第1土曜日。午前10時~午後3時
◇ところくつきの森/滋賀県高島市朽木地区
◇参加費各回1,500円(昼食がつきます)
◇主催(財)森林文化協会、NPO法人(予定)麻生里山センター
◇内容①森の道を歩き、道沿いの植生・土地利用の状態を記録する
        ②道沿いの森林調査
        ③歩く道のマップ作成、くつきの森「歩く道」フットパスへの提言
<第1回>5月6日(土)/鯖街道から峠を越えて森へ
<第2回>6月3日(土)/渓谷沿いの道と水田跡地の造林地
<第3回>10月7日(土)/尾根道と山腹を歩く
<第4回>11月4日(土)/放棄された集落のへの」旧道を歩く
<第5回>12月2日(土)峠を越えて鯖街道へ
<オプション>年3回/くつきの森の山道修復作業
f0043292_20111134.jpg


参加申し込みは、TEL 0740-38-8099 Fax 0740-38-8012 または Email asosatoyama@zb.ztv.ne.jp まで、住所、氏名、連絡先をお知らせください。
1回だけの参加も大歓迎です、麻生里山センターがお待ちしています。
[PR]
by kutsukiforest | 2006-03-03 20:31 | イベント情報 | Comments(1)
Commented by ごん at 2006-03-05 19:28 x
みられるようになりました。息子に習います。
<< 春待つくつきの森 麻生里山センターいよいよキックオフ >>